2005年11月19日

ブラックリストって何?

自己破産や任意整理、特定調停などの債務整理をするとブラックリストに載ってしまい、それから数年は融資を受けることができなくなります。

正確に言うと、ブラックリストというリストが存在しているわけではなく、個人情報を扱っている信用情報機関というところに事故情報(ブラック情報)が登録されてしまうというものです。

事故情報は5〜7年間は消えないといわれています。

ですから、自己破産や任意整理などの債務整理を行って、再び融資を受けられるまで5〜7年かかるということです。

ちなみに、この個人情報は他人は見ることができません。

本人に対する開示は行っています。
posted by ☆ at 11:44| ちょっと気になるQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。